第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問342

第102回薬剤師国家試験 問342

2歳3ヶ月女児。体重12 kg。湿性咳嗽に対して以下の処方箋が発行され、母親が薬局に持参した。当該薬局の調剤内規では「1回の服用量が整数値となるように精製水を最小量加える」となっている。

(処方)
カルボシステインシロップ5% 1回120 mg(1日360 mg)【原薬量】
プロカテロール塩酸塩シロップ0.0005% 1回15 µg(1日45 µg)【原薬量】
上記を混合して1剤とする。
1日3回 朝昼夕食後 3日分

1回の服用量として正しいのはどれか。1つ選べ。

 4 mL
 6 mL
 8 mL
 10 mL
 12 mL

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
<カルボシステインシロップ5%の1回分の服用量を求める>
カルボシステインシロップ5%(50 mg/mL)の1回分の服用量は、120 mg÷50 mg/mL=2.4 mLである。
<プロカテロール塩酸塩シロップ0.0005%の1回分の服用量を求める>
プロカテロール塩酸塩シロップ0.0005%(5 µg/mL)の1回分の服用量は、15 µg÷5 µg/mL=3 mLである。
これらのことから、本処方薬の1回分の服用量は、2.4+3=5.4 mLとなる。問題文に「1回の服用量が整数値となるように精製水を最小量加える」と記載されていることから、1回分の服用量を6 mLとなるように精製水を加える必要がある。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.