第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問34

第102回薬剤師国家試験 問34

カテコール−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害し、Oddi括約筋を弛緩させる排胆薬はどれか。1つ選べ。

 ポリエンホスファチジルコリン
 グリチルリチン
 ウルソデオキシコール酸
 パパベリン
 フロプロピオン

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
1 誤
ポリエンホスファチジルコリンは、ホスファチジルコリンとして生体内に取り込まれ、肝細胞膜を安定化し、肝細胞内の酵素活性を維持することにより慢性肝疾患による肝機能を改善する。
2 誤
グリチルリチンは、抗炎症作用、免疫抑制作用により肝機能を改善する。
3 誤
ウルソデオキシコール酸は、肝細胞での胆汁分泌を促進させることにより胆汁うっ滞を改善する。また、本薬物は胆汁分泌促進するため、胆石溶解作用も有する。
4 誤
パパベリンは、平滑筋のホスホジエステラーゼを阻害することにより平滑筋の痙れん状態を改善する。
5 正
フロプロピオンは、カテコールアミン−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害し、ノルアドレナリン(NAd)の分解を抑制することによりOddi括約筋を弛緩させ胆汁の十二指腸への排泄を促進する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.