第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問336

第102回薬剤師国家試験 問336

アレルギー性鼻炎の持病がある高校生が海外の国際競技大会へ出場することになった。現在医療機関を受診しておらず、一般用医薬品などで様子を見ていた。海外の薬局にて一般用医薬品を購入する際に現地の薬剤師に相談できるように服用可能な薬を書いたメモを持たせることにした。下記に示す医薬品成分のうちアンチドーピングの観点から適切でないのはどれか。2つ選べ。なお、成分名の英文表記に誤りはないものとする。

 d−Chlorpheniramine Maleate
 Ebastine
 Ibuprofen
 Prednisolone
 dl−Methylephedrine Hydrochloride 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5


解説
ドーピング禁止物質については、世界アンチドーピング機構(WADA)によって「Ⅰ:常に禁止される物質」「Ⅱ:競技会(時)に禁止される物質」「Ⅲ:特定競技において禁止される物質」に分類されている。
Ⅰ:常に禁止される物質
無承認物質、タンパク同化薬、ペプチドホルモン、成長因子、アドレナリンβ2受容体刺激薬、ホルモン関連薬及び代謝調節薬、利尿薬及び隠蔽薬、フェネチルアミン及びその誘導体
Ⅱ:競技会(時)に禁止される物質
Ⅰに加えて、興奮薬、麻薬、カンナビノイド、糖質コルチコイド
Ⅲ:特定競技において禁止される物質
Ⅰ、Ⅱに加えて、アルコール、アドレナリンβ受容体遮断薬
上記より、アンチドーピングの観点から適切でないのは、「Prednisolone(プレドニゾロン:糖質コルチコイド)」「dl−Methylephedrine Hydrochloride(dl−メチルエフェドリン塩酸塩:興奮薬)」である。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.