第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問30

第102回薬剤師国家試験 問30

GABAトランスアミナーゼを阻害し、抗てんかん作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 ガバペンチン
 エトスクシミド
 ジアゼパム
 ゾニサミド
 バルプロ酸

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
GABAトランスアミナーゼを阻害し、抗てんかん作用を示すのは、バルプロ酸である。
1 誤
ガバペンチンは、興奮性神経系の前シナプスに存在する電位依存性Ca2チャネルに結合し、興奮性伝達物質(グルタミン酸など)の遊離を抑制することにより抗てんかん作用を示す。
2 誤
エトスクシミドは、T型Ca2チャネルを遮断し、T電流を減少させ神経細胞の過興奮を抑制することにより抗てんかん作用を示す。
3 誤
ジアゼパムは、GABAA受容体−Clチャネル複合体のベンゾジアゼピン受容体に結合し、GABAAの受容体の機能を亢進させることにより抗てんかん作用を示す。
4 誤
ゾニサミドは、作用機序について完全に解明されていないが、発作活動の伝播過程の遮断、てんかん原性焦点の抑制により抗てんかん作用を示す。
5 正

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.