第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問280〜281

第102回薬剤師国家試験 問280〜281

68歳男性。慢性閉塞性動脈硬化症における安静時疼痛に対し、アルプロスタジル注射液10 µg(リピッドマイクロスフェア製剤)を輸液と混合し、持続投与することになった。病棟の看護師から、本剤の使用上の注意事項について薬剤師に問い合わせがあった。


問280 (薬剤)
本剤の特徴に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 リン脂質の二重膜構造からなる閉鎖小胞で、脂溶性のアルプロスタジルはリン脂質二重膜の疎水部に封入されている。
 植物性油をレシチンで乳化したo/w型エマルションであり、脂溶性のアルプロスタジルは油滴内に封入されている。
 血中滞留性の向上を目的として、粒子表面がポリエチレングリコールで修飾されている。
 能動的に炎症部位へ薬物を送達するために、粒子表面が炎症細胞を認識する抗体で修飾されている。
 受動的ターゲティングにより、炎症部位へ薬物が送達される。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
本剤は、リピッドマイクロスフェア製剤であり、リポソーム(リン脂質の二重膜構造からなる閉鎖小胞)製剤ではない。
2 正
本剤は、植物性油をレシチンで乳化したo/w型エマルションの油滴内に脂溶性のアルプロスタジルを封入した製剤である。
3 誤
本剤は、リピッドマイクロスフェア製剤であり、ポリエチレングリコール製剤ではない。
4 誤
能動的ターゲティングに関する記述である。本剤は、能動的ターゲティングを利用した製剤ではなく、受動的ターゲティングを利用した製剤である。
5 正
本剤は、リピッドマイクロスフェア製剤であり、受動的ターゲティングにより動脈硬化病変部位や炎症部位へ選択的に薬物が送達されるように設計されている。

参考
受動的ターゲティングとは、生体の血管透過性などの生理学的、解剖学的特性、あるいは正常組織と病態組織の違いを利用して、相対的に標的部位での薬物濃度を高める手法のことである。


問281 (実務)
本剤を使用するにあたり、薬剤師が看護師に行うべき情報提供として適切なのはどれか。2つ選べ。

 すぐに使用しない場合は、凍結させて保存する。
 ライン内での凝集を防ぐため、必ず単独ラインで投与する。
 凝集を防ぐため、電解質を含む輸液で希釈しない。
 輸液フィルターを使用して投与する。
 ポリ塩化ビニル製の輸液セットの使用を避けることが望ましい。

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
本剤をすぐに使用しない場合には、凍結を避け5℃以下で保存する。
2 正
本剤は脂肪乳剤であり、他剤と混合すると脂肪粒子が凝集することが認められている。そのため、原則として末梢静脈から単独ラインで投与することとされている。
3 誤
本剤を希釈する際に電解質を含む輸液を用いても、凝集する等の問題を起こすことはない。そのため、本剤を希釈する際に、電解質を含む輸液を用いてもよい。
4 誤
本剤を投与する際に輸液フィルターを使用すると、エマルションが破壊されることがある。そのため、本剤投与時には輸液フィルターを用いない。
5 正
本剤を投与する際にポリ塩化ビニル製の輸液セットを使用すると、本剤に含まれる大豆油やレシチンによって可塑剤であるフタル酸ジ−(2–エチルヘキシル)が製剤中に溶出することがある。そのため、本剤を投与する際には、ポリ塩化ビニル製の輸液セットの使用を避けることが望ましい。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.