第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問276〜277

第102回薬剤師国家試験 問276〜277

7歳女児。アトピー性皮膚炎と診断され、母親とともに処方箋を薬局に持参した。


問276 (薬剤)
本処方箋の発行前に、医師より処方1と処方2の混合について問い合わせがあった。混合が推奨されない理由として正しいのはどれか。1つ選べ。

 ベタメタゾン吉草酸エステルの分解が促進される。
 白色ワセリンと混ぜ合わせると、クリーム剤の分離や粘性の増加が生じる。
 基剤同士が反応し、褐色に変化する。
 白色ワセリンの添加により、クリーム剤中の水相へのベタメタゾン吉草酸エステルの分解量が増加する。
 白色ワセリンの添加により、吸湿性が増大する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
ベタメタゾン吉草酸エステルクリームの基剤である乳剤性基剤に白色ワセリンなどの油脂性基剤を混合すると、乳剤性基剤の油相と水相の比率が変動し、クリーム剤の分離や粘性の増加を生じることがある。そのため、処方1と処方2の混合は推奨されない。


問277 (実務)
薬剤師が患者の家族に説明する内容として適切でないのはどれか。2つ選べ。

 処方1は、ステロイドの作用の強さの5段階分類の中で最も弱い薬です。
 夕方(夜)は、入浴後に塗るようにしてください。
 白色ワセリンには皮膚保護作用があります。
 お薬のほかに、室内環境の整備や皮膚を清潔に保つことも重要です。
 タクロリムス軟膏は、顔には使用しないでください。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 適切でない
ステロイドの作用の強さは5段階(Ⅰ:最強[strongest]、Ⅱ:非常に強い[stronger]、Ⅲ:強い[strong]、Ⅳ:普通[medium]、Ⅴ:弱い[weak])に分類されている。処方1は、ステロイドの作用の強さの5段階分類の中で3段階目(Ⅲ:強い[strong])に分類される。
2 適切である
入浴後は皮脂が洗い流され、皮膚が乾燥しやすい状態となっており、それが原因でアトピー性皮膚炎の痒みを誘発することがある。そのため、入浴後に塗り薬を使用することが推奨される。
3 適切である
白色ワセリンは油脂性基剤であり、皮膚の被覆保護作用及び皮膚軟化作用を有する。
4 適切である
室内空気環境を整えることや皮膚を清潔に保つことによりアトピー性皮膚炎の症状が軽くなることがある。そのため、室内空気及び皮膚を清潔に保つことは重要である。
5 適切でない
タクロリムス軟膏は、皮膚以外の部位(粘膜等)及び外陰部に使用することはできないが、顔、首、手、足などに使用することが可能である。なお、眼の周りに使用する場合には眼に入らないように注意する必要がある。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.