第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問260〜261

第102回薬剤師国家試験 問260〜261
38歳男性。急性リンパ性白血病と診断され、以下の化学療法が開始された。


問260 (実務)
上記の化学療法に対して、支持療法が必要である。支持療法として使用する薬物として優先順位が最も低いのはどれか。1つ選べ。

 フィルグラスチム
 グラニセトロン
 アロプリノール
 ピタバスタチン
 メロペネム

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
本化学療法を施行することにより現れる副作用及びその予防策(支持療法)を以下に示す。
・骨髄抑制による好中球減少症
好中球分化・誘導作用を有する顆粒球コロニー刺激因子(G−CSF)製剤(フィルスチグラムなど)を投与する。
・抗悪性腫瘍薬投与による悪心、嘔吐
抗悪性腫瘍薬投与による悪心・嘔吐を抑制するセロトニン5−HT3受容体遮断薬(グラニセトロンなど)を投与する。
・急激な腫瘍細胞の崩壊に伴う腫瘍崩壊症候群
腫瘍崩壊症候群に伴う高尿酸血症を抑制するために、尿酸生成抑制薬(アロプリノールなど)を投与する。
・白血球減少に伴う易感染状態
体内での細菌の増殖を抑制するために、抗生物質(メロペネムなど)を投与する。
なお、(処方4)により高脂血症が起こることがあるが、本化学療法に対する支持療法としては高脂血症を改善するHMG−CoA還元酵素阻害薬であるピタバスタチンを使用することは優先順位が低い。


問261 (薬理)
前問の支持療法に用いる薬物の作用機序で、正しいのはどれか。2つ選べ。

 尿酸トランスポーターを阻害する。
 DNAをアルキル化し、DNA合成を阻害する。
 セロトニン5−HT3受容体を遮断する。
 G−CSF(顆粒球コロニー刺激因子)受容体を刺激する。
 PPARγ(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体γ)を阻害する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
尿酸トランスポーターを阻害する薬物には、尿酸排泄促進薬であるプロベネシドやベンズブロマロンなどがある。
2 誤
DNAをアルキル化し、DNA合成を阻害する薬物には、抗悪性腫瘍薬であるシクロホスファミドやイホスファミドなどがある。
3 正
4 正
5 誤
PPARγ(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体γ)を阻害する薬物には、インスリン抵抗性改善薬であるピオグリタゾンがある。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.