第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問254〜255

第102回薬剤師国家試験 問254〜255

68歳女性。脳梗塞で1ヶ月間入院した後退院し、以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

問254 (薬理)
いずれの処方薬の薬理作用にも該当しないのはどれか。1つ選べ。

 フリーラジカルを消去し、酸化的ストレスによる神経細胞の障害を抑制する。
 キニナーゼⅡを阻害し、ブラジキニンの分解を抑制する。
 H,K−ATPaseを阻害し、酸分泌を抑制する。
 PPARα(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体α)を刺激し、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL−C)を増加させる。
 活性代謝物が血小板ADP受容体を遮断し、血小板凝集を抑制する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
1 該当しない
フリーラジカルを消去し、酸化的ストレスによる神経細胞の障害を抑制するのは、エダラボンである。
2 該当する
エナラプリルの薬理作用に関する記述である。エナラプリルはアンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬であり、アンギオテンシⅠからアンギオテンシンⅡの生成を抑制するとともに、キニナーゼⅡを阻害し、ブラジキニンの分解を抑制する。
3 該当する
ランソプラゾールの薬理作用に関する記述である。ランソプラゾールはプロトンポンプ阻害薬であり、酸性条件下で活性体となり、プロトンポンプのSH基と結合して、酸分泌を抑制する。
4 該当する
フェノフィブラートの薬理作用に関する記述である。フェノフィブラートはフィブラート系薬であり、PPARα(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体α)を刺激し、アポタンパク質の発現を増加させ、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL−C)を増加させる。
5 該当する
クロピドグレルの薬理作用に関する記述である。クロピドグレルは、肝臓で活性代謝物となり、血小板に存在するADP受容体のサブタイプP2Y12受容体を遮断することによりADPによる血小板凝集を抑制する。


問255 (実務)
クロピドグレル錠の使用に関する注意事項として適切なのはどれか。2つ選べ。

 肝障害や黄疸を起こすことがあるので、観察を十分に行う必要がある。
 重篤かつ遷延性の低血糖証を起こすことがある。
 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)が発現する危険があるので、投与開始後2ヶ月間は2週間に1回程度の血液検査を行う。
 グレープフルーツジュースは本剤の作用を増強するので避ける。
 出血のリスクが高まるので、OTC医薬品の解熱鎮痛剤を自己判断で服用しない。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
クロピドグレルは、重大な副作用として、肝機能障害、黄疸を起こすことがある。そのため、本剤服用中は、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う必要がある。
2 誤
クロピドグレルは、副作用として重篤かつ遷延性の低血糖証を起こすとの報告はない。
3 誤
クロピドグレルは、重大な副作用として、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)を起こす可能性があるため、投与開始後2ヶ月間は2週間に1回程度の血液検査を行う。
4 誤
グレープフルーツジュースと本剤が相互作用を起こすとの報告はない。
5 正
一般用医薬品(OTC医薬品)の解熱鎮痛剤には、非ステロイド性抗炎症薬が含まれており、それらは、血小板凝集抑制作用を有しているため、クロピドグレルと併用すると出血のリスクが高まる。そのため、本剤服用中はOTC医薬品の解熱鎮痛剤を自己判断で服用しないように説明する必要がある。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.