第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問248〜249

第102回薬剤師国家試験 問248〜249

26歳女性。妊娠30週。妊娠高血圧症候群で経過観察中、切迫早産のため入院し、以下が処方された。


問248 (実務)
処方薬の副作用として生じる可能性が高いのはどれか。2つ選べ。

 光線過敏
 血清カルシウム低下
 高血糖
 血小板数増加
 起立性低血圧

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
リトドリン塩酸塩は、選択的アドレナリンβ2受容体刺激薬であり、副作用として高血糖、糖尿病性ケトアシドーシスを起こすことがある。また、メチルドパは、中枢性アドレナリンα2受容体刺激薬であり、副作用として降圧作用に伴う起立性低血圧を起こすことがある。


問249 (薬理)
処方2の作用機序に関する記述として正しいのはどれか。1つ選べ。

 アドレナリンβ1受容体を選択的に遮断することにより、心拍出量を減少させる。
 エンドセリンETA受容体を遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる。
 アドレナリンα1受容体を選択的に遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる。
 中枢性のアドレナリンα2受容体を刺激することにより、交感神経活性を低下させる。
 ドパミンに変換されてドパミンD2受容体を刺激することにより、交感神経活性を低下させる。

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
メチルドパ(処方2)は、脳内でα−メチルノルアドレナリンに代謝され、中枢性のアドレナリンα2受容体を刺激し、末梢交換神経活性を低下させる。また、α−メチルノルアドレナリンは、アドレナリン作動性神経内のノルアドレナリンの貯蔵部位に入り、ノルアドレナリンの遊離を抑制することにより、交感神経活性を低下させる。
1 誤
アドレナリンβ1受容体を選択的に遮断することにより、心拍出量を減少させる薬物には、アテノロール、アセブトロールなどがある。
2 誤
エンドセリンETA受容体を遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる薬物には、ボセンタンやアンブリセンタンがある。
3 誤
アドレナリンα1受容体を選択的に遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる薬物には、プラゾシンなどがある。
4 正
5 誤
ドパミンに変換されてドパミンD2受容体を刺激する薬物には、ドカルパミンなどがある。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.