第102回薬剤師国家試験 問191

36歳女性。主婦。最近、左乳房の腫瘤に気付き、病院の乳腺外来を受診した。
身体所見:身長158 cm。体重50 kg。血圧128/70 mmHg。左乳房の触診にて、内上方に1 cm大の硬結を触知した。生理周期28日。
検査所見:尿所見 正常、末梢血検査 異常なし。
生化学的検査・腫瘍マーカー検査:CEA 8.0 ng/mL(正常値5.0 ng/mL以下)、エストロゲン感受性(+)、プロゲステロン受容体(+)、HER2蛋白 陰性。
CEA:carcinoembryonic antigen
HER2:human epidermal growth factor receptor type 2
検査の結果、外科的手術を行い、その後、薬物治療を行うこととなった。この患者に適応となる薬物はどれか。2つ選べ。

 トラスツズマブ
 アナストロゾール
 タモキシフェンクエン酸塩
 フルベストラント
 ゴセレリン酢酸塩

 

 

 

解説
本患者の生化学的検査・腫瘍マーカー検査では、「CEA 8.0 ng/mL(正常範囲外)、エストロゲン感受性(+)、プロゲステロン受容体(+)、HER2蛋白 陰性」となっており、また、年齢が36歳(閉経前)であることから、本患者は、閉経前のエストロゲン受容体感受性乳癌であると考えられる。
選択肢のうち、エストロゲン受容体感受性閉経前乳癌に用いられるのは、「タモキシフェンクエン酸塩」「ゴセレリン」である。
なお、他の選択肢については、以下の疾患治療に用いられる。
・トラスツズマブ
HER2過剰発現が確認された乳癌
HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌
・アナストロゾール
閉経後乳癌
・フルベストラント
閉経後乳癌

解答
3、5

第102回 問191 PDF

第102回 問192

1 thought on “第102回薬剤師国家試験 問191

  1. ピンバック: 第102回薬剤師国家試験 問190 | yakugaku lab

コメントは停止中です。