第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問176

第102回薬剤師国家試験 問176

固形製剤の製造工程と製剤機械に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 流動層造粒装置は、混合、造粒、乾燥を1つの装置内で行うことができる。
 V型混合機は、容器固定型混合機に分類される。
 糖衣は、フィルムコーティングに比べ、短時間でのコーティング処理が可能である。
 直接打錠法では、原料粉末をそのまま打錠機で圧縮成形するため、滑沢剤の添加を必要としない。
 ハンマーミルは、粉砕時に熱が発生するため、熱に弱い医薬品の粉砕には適さない。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
流動層造粒装置は、熱気流により吹き上げられた粉体に結合剤溶液を噴霧して造粒する方法であり、混合、造粒、乾燥を1つの装置内で行うことができる。
2 誤
V型混合機は、本体が回転することにより粉体を混合する回転型の混合機である。なお、容器固定型混合機には、リボン型混合機やスクリュー型混合機がある。
3 誤
糖衣コーティングは、白糖を主成分とするシロップを繰り返しコーティングして製するため、フィルムコーティングと比較して、工程に要する時間が長い。
4 誤
直接打錠法では、原料粉末に結合剤、賦形剤、崩壊剤、滑沢剤を加えて均一にしたものを、直接圧縮形成して錠剤を製する。滑沢剤は、打錠器具への付着防止のために圧縮形成する前に添加される。
5 正
ハンマーミルは、ハンマーを高速回転させて粒子に衝撃などを与えることにより粒子を粉砕する装置のことであり、粉砕時に熱が発生するため、熱に弱い医薬品の粉砕には適さない。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.