第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問175

第102回薬剤師国家試験 問175

放出制御製剤に用いられる添加剤に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 エチルセルロースは、水に不溶であり、徐放性のコーティング剤として用いられる。
 乳酸・グリコール酸共重合体は、生体内分解性であり、持続性注射剤用マイクロスフェアの基剤として用いられる。
 ヒドロキシプロピルセルロースは、水和によりゲル化するため、徐放性のマトリックス基剤として用いられる。
 ヒプロメロースは、pH5以下の水溶液には溶解しないため、腸溶性の被膜剤として用いられる。
 エチレン・酢酸ビニル共重合体は、経皮治療システムの放出制御膜基剤として用いられる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
1 正しい
エチルセルロースのような水に不溶なものは、徐放性のコーティング剤として用いられる。
2 正しい
乳酸・グリコール酸共重合体は、生体内で加水分解されるため、持続性注射剤用マイクロスフェアの基剤として用いられる。乳酸・グリコール酸共重合体を基剤として用いている代表的な注射剤としてリュープロレリン酢酸塩注射剤がある。
3 正しい
ヒドロキシプロピルセルロースは、水を加えるとゲル化するため、徐放性のマトリックス基剤として用いられる。
4 誤っている
腸溶性の被膜剤として用いられるのは、ヒプロメロースフタル酸エステル、セラセフェートなどである。なお、ヒプロメロースは、胃溶性の被膜として用いられている。
5 正しい
エチレン・酢酸ビニル共重合体は、不溶性高分子であり、経皮治療システムの放出制御膜基剤として用いられる。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.