第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問174

第102回薬剤師国家試験 問174

25℃の水溶液中における薬物A及び薬物Bの濃度を経時的に測定したところ、下図のような結果を得た。次に、両薬物について同一濃度(C0)の水溶液を調整し、25℃で保存したとき、薬物濃度がC0/2になるまでに要する時間が等しくなった。C0(mg/mL)に最も近い値はどれか。1つ選べ。

 2.40
 3.60
 3.75
 9.60
 10.0

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
薬物A及び薬物Bの特徴について以下にまとめる。
・薬物A
片対数プロットにおいて、濃度と時間の関係が直線関係:1次反応によって分解
半減期は濃度に無関係に一定の値を示す。
t1/2=ln2/k1
・薬物B
濃度と時間の関係が直線関係:0次反応によって分解
半減期は濃度に比例して変化する。
t1/2=C0/2k0
 グラフの傾き:-k0=-10÷16 k0=5/8 mg・mL-1・日-1

これらのことから、薬物Aの半減期は濃度に関係なく3日であることから、薬物Bの半減期が3日になるときの初濃度C0が、薬物濃度がC0/2になるまでに要する時間が等しくなるC0(mg/mL)となる。
よって、薬物濃度がC0/2になるまでに要する時間が等しくなるC0(mg/mL)を以下のように求めることができる。
3日=C0÷2×(5/8 mg・mL-1・日-1) C0=3×5/4 mg・mL-1=3.75 mg・mL-1

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.