第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問162

第102回薬剤師国家試験 問162

血液・造血組織に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ダルベポエチンアルファは、赤芽球前駆細胞に作用して赤血球への分化・増殖を促進し、腎性貧血を改善する。
 メコバラミンは、胃切除後の患者において低下している食物からのビタミンB6の吸収を促進し、巨赤芽球性貧血を改善する。
 葉酸は、血漿中の鉄の造血組織への移行を促進し、鉄芽球性貧血を改善する。
 フィルグラスチムは、顆粒球系前駆細胞からの好中球産生を促進し、好中球減少症を改善する。
 ミリモスチムは、トロンボポエチン受容体を刺激し、血小板減少症を改善する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
ダルベポエチンアルファは持続性エリスロポエチン製剤であり、赤芽球前駆細胞に作用して赤血球への分化・増殖を促進し、腎性貧血を改善する。
2 誤
メコバラミンはビタミンB12製剤であり、胃切除後の患者において低下している食物からのビタミンB12の吸収を促進し、巨赤芽球性貧血を改善する。
3 誤
葉酸は、DNAやアミノ酸合成の補酵素として働き、巨赤芽球性貧血を改善する。
4 正
フィルグラスチムは顆粒球コロニー刺激因子(G−CSF)製剤であり、顆粒球系前駆細胞からの好中球産生を促進し、好中球減少症を改善する。
5 誤
ミリモスチムはマクロファージコロニー刺激因子(M−CSF)製剤であり、単球・マクロファージの分化・増殖を促進し、単球・マクロファージを増加させることに加え、これらの細胞に作用しG−CSFなどの分泌を促進することにより顆粒球減少症を改善する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.