第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問158

第102回薬剤師国家試験 問158

高血圧症治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 プロプラノロールは、傍糸球体細胞からのレニン分泌を抑制する。
 アリスキレンは、アンギオテンシンⅠの産生を抑制する。
 カプトプリルは、一酸化窒素(NO)の産生を抑制する。
 カンデサルタンは、アンギオテンシンⅡの産生を抑制する。
 エプレレノンは、アルドステロンの分泌を抑制する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
プロプラノロールは、非選択的β受容体遮断薬であり、傍糸球体細胞のアドレナリンβ1受容体を遮断することによりレニン分泌を抑制する。
2 正
アリスキレンはレニンを直接阻害することによりアンギオテンシノーゲンからアンギオテンシンⅠの産生を抑制する。
3 誤
カプトプリルはアンギオテンシン変換酵素(ACE)を阻害することによりアンギオテンシンⅠからアンギオテンシンⅡの産生を抑制する。
4 誤
カンデサルタンは、アンギオテンシンⅡAT1受容体を遮断することによりアンギオテンシンⅡによる血管収縮及び副腎皮質からのアルドステロンの分泌を抑制する。
5 誤
エプレレノンは、アルドステロン受容体を遮断することによりアルドステロンによる昇圧作用を抑制する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.