第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問151

第102回薬剤師国家試験 問151

細胞膜受容体の細胞内情報伝達系に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 アセチルコリンNM受容体(筋肉型ニコチン性アセチルコリン受容体)を刺激すると、イオンチャネルが開口し、終板電位が発生する。
 ヒスタミンH1受容体を刺激すると、Gsタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼが活性化され、細胞内サイクリックAMP(cAMP)濃度が上昇する。
 アドレナリンα2受容体を刺激すると、Gqタンパク質を介してホスホリパーゼCが活性化され、イノシトール三リン酸及びジアシルグリセロールが産生される。
 オピオイドκ受容体を刺激すると、Giタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼ活性が抑制され、細胞内cAMP濃度が減少する。
 セロトニン5−HT3受容体を刺激すると、イオンチャネルが開口し、抑制性シナプス後電位が発生する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
アセチルコリンNM受容体(筋肉型ニコチン性アセチルコリン受容体)は、Naチャネル内臓型受容体である。アセチルコリンNM受容体を刺激すると、Naチャネルが開口し、Naが細胞内に流入することにより脱分極が起こり、終板電位が発生する。
2 誤
ヒスタミンH1受容体は、Gqタンパク質共役型受容体である。ヒスタミンH1受容体を刺激すると、Gqタンパク質を介してホスホリパーゼCが活性化され、イノシトール三リン酸及びジアシルグリセロールが産生される。
3 誤
アドレナリンα2受容体はGiタンパク質共役型受容体である。
アドレナリンα2受容体を刺激すると、Giタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼ活性が抑制され、細胞内cAMP濃度が減少する。
4 正
オピオイドκ受容体はGiタンパク質共役型受容体である。
オピオイドκ受容体を刺激すると、Giタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼ活性が抑制され、細胞内cAMP濃度が減少する。
5 誤
セロトニン5−HT3受容体は、Naチャネル内臓型受容体である。
セロトニン5−HT3受容体を刺激すると、Naチャネルが開口し、興奮性シナプス後電位が発生する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.