第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問144

第102回薬剤師国家試験 問144

薬剤師免許に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 薬剤師が被補助人になった場合には、免許が取り消される。
 薬剤師免許証の交付によって効力が生じる。
 薬剤師国家試験に合格した者には、申請手続を要せず免許が与えられる。
 視覚又は精神の機能の障害により薬剤師の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者は、免許を与えられないことがある。
 絶対的欠格事由である成年被後見人とは、判断能力が欠けているのが通常の状態にある者として、家庭裁判所から後見開始の審判を受けた者である。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5


解説
1 誤
薬剤師が免許を取り消されるのは、成年被後見人又は保佐人になったときである(絶対的欠格事由)。なお、被補助人になったときに薬剤師の免許が取り消されることはない。
2 誤
薬剤師免許の効力は、薬剤師名簿に登録された時点より生じる。
3 誤
薬剤師国家試験に合格した者には、申請手続きを行うことにより免許が与えられる。
4 正
薬剤師の相対的欠格事由の1つ
5 正
成年被後見人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者として、家庭裁判所に後見開始の審判を受けた者である。なお、成年被補佐人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者として、家庭裁判所に補佐開始の審判を受けた者である。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.