第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問137

第102回薬剤師国家試験 問137

水の浄化法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 普通沈殿−緩速ろ過は、我が国で最も利用されている浄化法である。
 緩速ろ過は、水中の有機物の除去率において、急速ろ過に比べて劣る。
 薬品沈殿とは、凝集剤として硫酸アルミニウムを添加することにより、負電荷を持つ汚濁粒子を電気的に中和し、凝集塊として沈殿させる方法である。
 急速ろ過では、主に生物化学的作用により、ろ過を行う。
 緩速ろ過、急速ろ過のいずれを用いても、我が国の水道水では塩素剤による消毒が義務づけられている。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 誤
我が国で最も利用されている浄化法は、薬品沈殿−急速ろ過である。薬品沈殿−急速ろ過は、普通沈殿−緩速ろ過に比べ処理速度が速く、省スペースで行うことが可能であるため、我が国で最も利用されている浄化法である。
2 誤
緩速ろ過では、ろ材表面に存在する生物ろ過膜により有機物が吸着・分解されるため、生物ろ過膜が形成されない急速ろ過に比べ水中の有機物の除去率は高い。
3 正
薬品沈殿で用いられる硫酸アルミニウムは、原水中の負電荷を持つ汚染粒子を電気的に中和し、凝集塊として沈殿させることができる。
4 誤
解説2参照
5 正
水道水の浄化法として緩速ろ過、急速ろ過のいずれを用いた場合でも、我が国では塩素剤による消毒が義務づけられている。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.