第102回薬剤師国家試験 問133

有害化学物質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 マラチオンは残留性が低いので、残留農薬基準値は定められていない。
 2,3,7,8−テトラクロロジベンゾ−p−ジオキシンの毒性等価係数は1である。
 鉛の消化管吸収率は、成人より幼児の方が高い。
 有機スズ化合物に内分泌かく乱作用が認められるため、缶詰の内側をスズメッキするのは禁止されている。
 無機ヒ素はヒト体内でメチル化を受け、毒性の低いアルセノベタインに変換される。

 

 

 

解説
1 誤
マラチオンは有機リン系殺虫剤であり、米(玄米)、落花生、トウモロコシ、綿花に残留することがあるため、残留農薬基準値が定められている。
2 正
ダイオキシン類は構造によって毒性が異なり、その毒性の強さは毒性等価係数によって表される。毒性等価係数は、ダイオキシン類の中でも毒性が最も高い2,3,7,8−テトラクロロジベンゾ−p−ジオキシンを「1」として表される。
3 正
鉛の消化管吸収率は、成人(約10〜15%)より幼児(約40〜50%)の方が高い。
4 誤
有機スズ化合物は船舶や漁網の防腐剤として使用されていたが、内分泌撹乱作用が認められたため、現在では、化審法により製造、輸入、使用が禁止されている。なお、缶詰の内側のメッキに使用されるのは無機スズである。
5 誤
無機ヒ素はヒトの体内でメチル化を受け、メチルアルソン酸、ジメチルアルソン酸に変換されるが、アルセノベタインに変換されることはない。なお、アルセノベタインは甲殻類に高濃度に存在する。

解答
2、3

第102回 問133 PDF

第102回 問134

1 thought on “第102回薬剤師国家試験 問133

  1. ピンバック: 第102回薬剤師国家試験 問132 | yakugaku lab

コメントは停止中です。