第102回薬剤師国家試験 問132

化学物質の遺伝毒性試験に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 Ames試験は、化学物質の遺伝毒性をSalmonella Typhimurium変異株の復帰突然変異の出現頻度により検出する方法である。
 Ames試験で用いる細菌は、ヒトや動物の組織と同様の異物代謝反応を起こす変異株である。
 化学物質による染色体切断後の修復の度合いを観察する試験として、特定の細菌を用いたコメットアッセイがある。
 ほ乳動物細胞を用いたin vitro小核試験では、細胞分裂が阻害されて生じる小核を検出する。
 遺伝毒性の有無は、Ames試験に加え、げっ歯類又はほ乳動物細胞を用いた試験を組み合せて評価される。

 

 

 


解説
1 正
Ames試験では、Salmonella Typhimuriumのヒスチジン要求性変異株に被検化合物を加えて培養し、ヒスチジン非要求性株への復帰突然変異の出現の有無により被検化合物の遺伝毒性を検出する方法である。
2 誤
Ames試験で用いるSalmonella Typhimuriumのヒスチジン要求性変異株は、ヒトや動物の組織に存在する異物代謝反応を起こす酵素が欠損している。
3 誤
コメットアッセイとは、被検化学物質によるDNAの損傷をゲル電気泳動法により検出する方法である。
4 誤
ほ乳動物細胞を用いたin vitro小核試験は、染色体の構造異常により生じる小核を検出する試験であり、染色体の異常を検出する試験である。
5 正
遺伝毒性の有無は、Ames試験に加え、げっ歯類を用いた遺伝毒性試験やほ乳動物細胞を用いた遺伝毒性試験を組み合せて評価される。


解答
1、5

第102回 問132 PDF

第102回 問133

1 thought on “第102回薬剤師国家試験 問132

  1. ピンバック: 第102回薬剤師国家試験 問131 | yakugaku lab

コメントは停止中です。