第102回薬剤師国家試験 問126

C型肝炎ウイルス(HCV)感染歴と肝細胞がん発症の関係を調べるため、ある病院において、肝細胞がんの患者100人、及び対照群として性・年齢・喫煙歴・アルコール摂取歴をマッチングされた別の病気の患者200人を選び出し、抗HCV抗体の有無を調べた。その結果、肝細胞がん患者の80人、対照群の20人が抗体陽性者であった。この調査から求められる肝細胞がん発症におけるHCV感染歴のオッズ比として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 4.0
 4.9
 8.0
 16
 36

 

 

 

解説
オッズ比は、対照群の要因曝露オッズ比に対する症例群の要因曝露オッズ比より求めることができる。
<対照群の要因曝露オッズ比を求める>
対照群として別の病気の患者200人を選び出し、そのうち20人が抗HCV抗体陽性者であることから、対照群の要因曝露オッズ比を以下のように求めることができる。
抗体陽性者÷抗体陰性者=20÷180=1/9

<症例群の要因曝露オッズ比を求める>
肝細胞がんの患者100人のうち、80人が抗HCV抗体陽性者であることから、症例群の要因曝露オッズ比を以下のように求めることができる。
抗体陽性者÷抗体陰性者=80÷20=4

これらのことから、肝細胞がん発症におけるHCV感染歴のオッズ比を以下のように求めることができる。
症例群の要因曝露オッズ比÷対照群の要因曝露オッズ比=4÷1/9=36

解答
5

第102回 問126 PDF

第102回 問127

1 thought on “第102回薬剤師国家試験 問126

  1. ピンバック: 第102回薬剤師国家試験 問125 | yakugaku lab

コメントは停止中です。