第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問113

第102回薬剤師国家試験 問113

ヒトの体内で働くタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 膵臓から分泌されるキモトリプシンは、タンパク質のC末端から順次アミノ酸を遊離する。
 トリプシンの触媒作用には、その活性部位にあるセリン残基が関与する。
 トリプシノーゲンは、十二指腸上皮細胞から分泌されるエンテロペプチダーゼ(エンテロキナーゼともよばれる)により小腸内でトリプシンに変換される。
 アンチトロンビンⅢは、主として血管内皮細胞から分泌され、トロンビンの活性を阻害する。
 組織プラスミノーゲンアクチベーターは、血液凝固反応で形成されたフィブリンの分解反応を触媒する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
キモトリプシンは、膵臓からキモトリプシノーゲンとして十二指腸に分泌され、十二指腸で活性体となり、芳香族アミノ酸のカルボキシ基側のペプチド結合を切断する。なお、タンパク質のC末端から順次アミノ酸を遊離するのは、カルボキシペプチダーゼである。
2 正
トリプシンは、セリンプロテアーゼであり、その活性部位にあるセリン残基が触媒作用に関与している。
3 正
トリプシノーゲン(トリプシンの前駆体)は、膵臓から十二指腸に分泌され、その後、エンテロペプチダーゼ(エンテロキナーゼ)によりトリプシンに変換される。
4 誤
アンチトロンビンⅢは、主として肝臓から分泌され、トロンビンの活性を阻害することにより血液凝固を阻止する。
5 誤
組織プラスミノーゲンアクチベーターは、プラスミノーゲンをプラスミンに変換する反応を触媒する酵素である。なお、プラスミノーゲンから生成したプラスミンがフィブリンの分解反応を触媒する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.