第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問110

第102回薬剤師国家試験 問110

生薬に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 ロートコンは、ナス科基原由来植物生薬で、トロパンアルカロイドを含有する。
 リュウタンは、フラボノイド配糖体を主成分とし、苦味健胃薬として用いられる。
 リュウコツは、硫酸ナトリウムを主成分とし、精神安定を目的として用いられる。
 インチンコウは、果実を用部にする生薬であり、胆汁分泌促進作用がある。
 トチュウは、トチュウの樹皮を用部にする生薬であり、リグナンを含有する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
ロートコンは、ナス科基原由来植物生薬で、トロパンアルカロイド(l−ヒヨスチアミン)を含有し、鎮痛、鎮痙作用を有する。
2 誤
リュウタンは、苦味配糖体(ゲンチオピクロシド)を主成分とし、苦味健胃薬として用いられる。
3 誤
リュウコツは、炭酸カルシウムを主成分とし、精神安定を目的として用いられる。
4 誤
インチンコウは、頭花を用部にする生薬であり、胆汁分泌促進作用がある。
5 正
トチュウは、トチュウの樹皮を用部にする生薬であり、リグナンやイリドイドを含有し、強壮作用、鎮痛作用を有する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.