第102回薬剤師国家試験 問108

下図は、ある化合物の1H−NMRスペクトル(400 MHz、CDCl3、基準物質はテトラメチルシラン(TMS))である。この化合物の構造式として正しいのはどれか。1つ選べ。なお、イのシグナルは一重線であり、拡大図A、B及びCの拡大率はそれぞれ異なる。また、エのシグナルはヒドロキシ基のプロトンに由来する。

 

 

 


解説

設問のスペクトルでは、1.3 ppm付近に6H分のダブレットが現れており、3.2 ppm付近に1H分のマルチプレットが現れていることから、構造中にイソプロピル基を有すると推定される。また、2.4 ppm付近に3H分のシングレットが出現していることから、構造中に芳香環に結合したメチル基を有すると推定される。これらのことから、設問のスペクトルを示す構造式は、選択肢1の構造式であると推定される。


解答

1

第102回 問108 PDF

第102回 問109

1 thought on “第102回薬剤師国家試験 問108

  1. ピンバック: 第102回薬剤師国家試験 問107 | yakugaku lab

コメントは停止中です。