第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問106

第102回薬剤師国家試験 問106

次に示した医薬品の活性成分Aに関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 N末端のアミノ酸はD−プロリンである。
 C末端では、L−プロリンの環内の窒素がN−エチル化されている。
 L−ロイシンのエナンチオマーであるD−ロイシンが含まれている。
 経口投与には適さない。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
設問に示された医薬品の活性成分Aは、黄体形成ホルモン放出ホルモン(LH−RH)誘導体であるリュープロレリン酢酸塩である。
1 誤
活性成分AのN末端に結合しているアミノ酸はL−プロリンである。

2 誤
活性成分AのC末端では、L−プロリンの環内の窒素はアルギニン(Arg)とペプチド結合(赤の点線部分)している。なお、L−プロリンのカルボキシ基は、エチルアミノ基(青の点線部分)が結合している。

3 正
活性成分Aには、N末端から6番目にD−Leu(D−ロイシン)が含まれている。
4 正
活性成分A(リュープロレリン酢酸塩)はペプチドホルモンであり、消化管からの吸収性が悪く、また、消化分解されるため、経口投与には適さない。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.