第101回薬剤師国家試験 問99

蛍光光度法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 蛍光分光光度計の光源には、通例、タングステンランプが用いられ、試料部は四面透明の石英製セルが用いられる。
 励起スペクトルは、蛍光波長を固定し、励起光の波長を変化させて試料溶液の蛍光強度を測定することにより得られる。
 蛍光強度は溶液の濃度が十分に小さいとき、モル吸光係数に反比例する。
 蛍光強度は相対値であり、測定に用いる装置の励起光強度により強度が異なる。
 蛍光を消光させる作用のある物質を一般にスカベンジャーとよぶ。

 

 

 

解説
1 誤
蛍光分光光度計の光源には、キセノンランプ、レーザー、アルカリハライドランプを用いる。なお、タングステンランプは、紫外可視吸分光光度計の光源として用いられる。
2 正
励起スペクトルは、蛍光波長を固定し、励起光の波長を変化させて試料溶液の蛍光強度を測定することにより得られる。それに対して、蛍光スペクトルは、励起光波長を固定し、蛍光の波長を変化させて試料溶液の蛍光強度を測定することにより得られる。
3 誤
希薄溶液における蛍光強度(F)は、蛍光物質の濃度(c)、セルの層長(l)、励起光の強さ(I0)、モル吸光係数(ε)、蛍光量子収率(φ)に比例する。
F=k・I0・φ・ε・c・l    k:定数
4 正
蛍光強度は、励起光の強さに比例するため、測定に用いる装置の励起光強度により強度が異なる。蛍光光度法により物質を同定、定量する際、蛍光強度は相対値として用いる。
5 誤
蛍光を消光させる作用のある物質を一般にクエンチャーとよぶ。

解答
2、4

第101回 問99 PDF

第101回 問100

第101回薬剤師国家試験 問99」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問98 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA