第101回薬剤師国家試験 問76

長期大量投与により網膜症を生じて、薬害の原因となった医薬品はどれか。1つ選べ。

 ソリブジン
 クロロキン
 サリドマイド
 ペニシリン系抗生物質
 アミノピリン

 

 

 

解説
1 誤
ソリブジンと5−フルオロウラシル(5−Fu)の併用により、5−Fuの代謝が抑制され、血液障害等の副作用が発現した。
2 正
クロロキンの使用により、クロロキン網膜症(視野の欠損、視力低下など)が発現した。
3 誤
サリドマイドの使用により、アザラシ肢症(胎児の四肢の発育不全)が発現した。
4 誤
ペニシリン系抗生物質の使用により、アナフィラキシーショックが発現した。
5 誤
アミノピリンが配合されたアンプルの使用により、ショックが発現した。

解答
2

第101回 問76 PDF

第101回 問77

第101回薬剤師国家試験 問76」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問75 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA