第101回薬剤師国家試験 問64

催吐性リスクの高い抗がん薬に対する制吐療法に用いるのはどれか。1つ選べ。

 オキセサゼイン
 モルヒネ塩酸塩
 パロノセトロン塩酸塩
 ラニチジン塩酸塩
 ブロモクリプチンメシル酸塩

 

 

 

解説
催吐性リスクの高い抗がん剤(シスプラチンなど)を投与する際には、嘔吐を防止するためにアプレピタント、5−HT3受容体遮断薬(パロノセトロン塩酸塩、グラニセトロン塩酸塩など)、デキサメタゾンリン酸塩エステルナトリウムの3剤を併用する。

解答
3

第101回 問64 PDF

第101回 問65

第101回薬剤師国家試験 問64」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問63 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA