第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問53

第101回薬剤師国家試験 問53

静脈内に投与する注射剤に適用される日本薬局方一般試験法はどれか。1つ選べ。

 崩壊試験法
 溶出試験法
 エンドトキシン試験法
 制酸力試験法
 摩損度試験法

 

 

 

 

 


解答
3


解説
1 誤
崩壊試験法は、経口製剤に適用され、規定された試験時間内に崩壊するかどうかを確認する試験である。
2 誤
溶出試験法は、経口製剤に適用され、溶出試験法の規格に適合しているかどうかを判定するための試験である。
3 正
エンドトキシン試験法は、注射剤(内皮、皮下、筋肉内投与のみの注射剤を除く)に適用され、エンドトキシンの含有の有無を確認する試験である。
4 誤
制酸力試験法は、胃において酸と反応し、制酸作用をもたらす製剤の制酸作用を求める試験である。
5 誤
摩損度試験法は、剤皮を施していない圧縮形成錠の摩損度を測定する試験である。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.