第101回薬剤師国家試験 問36

第101回薬剤師国家試験 問36

血小板のプロスタノイドIP受容体を刺激して、血小板凝集を抑制するのはどれか。1つ選べ。

 ナファモスタット
 チクロピジン
 ダルテパリン
 ベラプロスト
 シロスタゾール

 

 

 

 


解答
4


解説
1 誤
ナファモスタットは、タンパク分解酵素を阻害することにより血液凝固阻害作用を示す。
2 誤
チクロピジンは、血小板に存在するADP受容体P2Y12を遮断することにより血小板凝集抑制作用を示す。
3 誤
ダルテパリンは、アンチトロンビンⅢに結合し、セリンプロテアーゼの活性を抑制することにより血液凝固阻害作用を示す。
4 正
ベラプロストは、プロスタノイドIP受容体を刺激することにより血小板凝集抑制作用を示す。
5 誤
シロスタゾールは、血小板及び血管平滑筋のホスホジエステラーゼⅢを選択的に阻害することにより血小板凝集抑制作用を示す。

第101回薬剤師国家試験 問36” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。