第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問342

第101回薬剤師国家試験 問342

50歳女性。関節リウマチの診断を受け、生物学的製剤の導入目的で入院した。入院前よりメトトレキサート、ジクロフェナクナトリウムを服用している。入院2日目の朝、薬剤師が病棟へ行くと、「吐き気が4、5日前からあり、食欲もない。」と訴えがあった。さらに薬剤師が尋ねると、下痢はしていないが便は黒っぽい、胸や肩、頭の痛みはないということであった。

入院時検査データ
血圧96/74 mmHg、脈拍95回/分
白血球3700/µL、赤血球220万/µL、血小板15万/µL
ヘモグロビン10.2 g/dL、ヘマトクリット24.1%

その他の所見
発熱(-)、粘膜乾燥気味、眼瞼結膜は蒼白

薬剤師は副作用を疑い、直ちに担当医師に報告した。考えられる副作用として最も可能性が高いのはどれか。1つ選べ。

 髄膜炎
 再生不良性貧血
 消化性潰瘍
 偽膜性大腸炎
 血小板減少症

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
本患者は、ジクロフェナクナトリウムを服用していることに加え、自覚症状として「吐き気」があり、便が黒っぽいことからジクロフェナクナトリウムの副作用である消化性潰瘍を発症している可能性がある。
他の選択肢の初期症状を以下に示す。
髄膜炎:発熱、頭痛、悪心、嘔吐など
再生不良性貧血:貧血症状、発熱、紫斑、出血など
偽膜性大腸炎:激しい腹痛、下痢、発熱など
血小板減少症:紫斑、出血など

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.