第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問335

第101回薬剤師国家試験 問335

55歳女性。3日前から腹部膨満感と嘔気があり、昨日からの腹痛と間欠的な嘔吐のため受診した。診察の結果、血圧98/62 mmHg、脈拍104/分、尿量低下、Na130 mEq/L、K3.5 mEq/L、Cl90 mEq/Lであり、細胞外液減少を認めた。この患者に投与する輸液の組成として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
診察の結果、細胞外液減少が認められていることから、本患者に対しては等張性電解質輸液(生理食塩水、リンゲル液、乳酸リンゲル液)を投与する必要がある。
1 誤
5%ブドウ糖液の組成である。5%ブドウ糖液は、脱水症(特に水欠乏時)に用いられる。
2 誤
低張性電解質輸液である4号液(術後回復液)の組成である。4号液は、術後早期の水分・電解質補給に用いられる。
3 誤
低張性電解質輸液である3号液(維持液)の組成である。3号液は、経口摂取不能又は不十分な場合の水分・電解質の補給・補正に用いられる。
4 誤
低張性電解質輸液である2号液(維持液)の組成である。2号液は、脱水症及び手術前後の水分・電解質の補給・補正に用いられる。
5 正
等張性電解質輸液である乳酸リンゲル液の組成である。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.