第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問332

第101回薬剤師国家試験 問332

非小細胞肺がんに対して外来化学療法室でカルボプラチン/パクリタキセル(TC)療法を実施することになり、レジメンに従って以下の処方が出された。これら以外には内服薬、注射薬ともに処方されていない。

 

これらの処方に関する記述として誤っているのはどれか。2つ選べ。

 パクリタキセルとカルボプラチンの投与順はどちらが先でもよい。
 アルコールに過敏であるかを事前に確認する必要がある。
 カルボプラチンは高度の催吐性リスクに分類される。
 重大な副作用として末梢神経障害がある。
 腎機能を考慮して投与量を決定する。

 

 

 

 

解答・解説

解答

1、3


解説

1 誤っている
レジメンは、投与順に処方が記載されているため、パクリタキセル投与後にカルボプラチンを投与する。なお、カルボプラチンの後にパクリタキセルを投与すると、パクリタキセルの排泄が阻害され、パクリタキセルの副作用である骨髄抑制等が現れる可能性がある。
2 正しい
パクリタキセル注射液には、添加物として無水エタノールが含有されていることから、アルコールに過敏であるかを事前に確認する必要がある。
3 誤っている
カルボプラチンは中等度の催吐性リスク(催吐頻度:30〜90%)に分類される。なお、高度の催吐性リスク(催吐頻度:90%以上)に分類される薬物には、シスプラチン、シクロホスファミドなどがある。
4 正しい
パクリタキセルは重大な副作用として、末梢神経障害を起こすことがある。
5 正しい
カルボプラチンは腎消失型薬物であり、腎機能を考慮したカルバート式(Calvert式)を用いて投与量を決定する。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.