第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問33

消化管のセロトニン5-HT4受容体を刺激することにより、胃腸運動を促進するのはどれか。1つ選べ。

  1. ロペラミド
  2. ドンペリドン
  3. モサプリド
  4. ベタネコール
  5. トリメブチン

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
1 誤
ロペラミドは、消化管のオピオイドμ受容体を刺激してアセチルコリンの遊離を抑制するため、胃腸運動を抑制する。

2 誤
ドンペリドンは、消化管のドパミンD2受容体を遮断してアセチルコリンの遊離を促進するため、胃腸運動を促進する。

3 正
モサプリドは、消化管のセロトニン5-HT4受容体を刺激してアセチルコリンの遊離を促進するため、胃腸運動を促進する。

4 誤
ベタネコールは、消化管のムスカリン性アセチルコリン受容体を刺激して腸管運動を促進する。

5 誤
トリメブチンは、腸のコリン作動性神経、アドレナリン作動性神経シナプスの前膜のμ受容体を刺激することで腸管運動亢進時には、腸管運動を抑制し、腸管運動低下時には、腸管運動を促進する。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.