第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問298〜299

第101回薬剤師国家試験 問298〜299

67歳男性。16年前にHIV感染が判明し、ジドブジン(ZDV)とラミブジン(3TC)による治療を開始したが、7年前から服薬を自己中断していた。6年前の結核罹患を契機にロピナビル・リトナビル(LPV・RTV)配合剤を追加して治療を再開したが、その2年後から再び服薬を自己中断していた。全身倦怠感が徐々に進行し、血液検査(CD4陽性リンパ球、HIV-RNA定量)の結果、3TC・アバカビル硫酸塩配合剤とLPV・RTVによる治療を開始することになった。

問298 (実務)
本症例と治療薬について適切なのはどれか。2つ選べ。 

 3TCは単独投与しても薬剤耐性を起こさない。
 結核罹患の一因として、服薬の自己中断が考えられる。
 全身倦怠感の悪化は、典型的なZDVの副作用である。
 無症候性となった場合、血液検査の必要はない。
 肝機能が低下した場合、配合剤ではなく個々の薬剤の投与を考慮する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
HIVは感染初期から薬剤耐性を発現しやすく、特に抗HIV薬の単独投与では、その可能性が高くなる。よって、3TCは単独で投与せず他の抗HIV薬と併用する必要がある。
2 正
結核に罹患した一因として、抗HIV薬の服用を中断することにより、HIV感染症が進行しCD4陽性リンパ球が減少したことが考えられる。
3 誤
抗HIV薬の服用中断後に全身倦怠感が出現していることから、AIDS(後天性免疫不全症候群)発症により全身倦怠感が悪化したと考えられる。
4 誤
無症候性となった場合でも、HIV−RNA量やCD陽性リンパ球数を検査し、CD陽性リンパ球数が350/µL以下に低下した場合には、日和見感染を防止する目的で抗HIV薬による治療を開始することが推奨されている。
5 正
3TC・アバカビル硫酸塩配合剤は、3TCとアバカビル硫酸塩が固定量含有されているため、各成分の用量を調節することはできない。アバカビル硫酸塩は肝消失型薬物であり、肝機能が低下している患者に投与すると血中濃度が上昇することがあるため、アバカビル硫酸塩を肝疾患患者に投与する際には、投与量の調節及び投与の中止を検討する必要がある。よって、肝機能が低下した場合、3TC・アバカビル硫酸塩配合剤でなく個々の薬剤の投与を考慮する必要がある。


問299 (病態・薬物治療)
HIV感染症について正しいのはどれか。2つ選べ。

 母乳を介した感染はしない。
 無症候期は、感染後、数週間である。
 一過性のインフルエンザ様症状が感染初期(感染後数週間)に起こる。
 進行した場合、CD4陽性リンパ球数が減少する。
 日和見感染が、感染初期に起こる。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
HIVの主な感染経路は、性行為感染、母子感染(経胎盤、経産道、経母乳感染)、血液媒介感染である。
2 誤
HIV感染症は、急性感染期(感染後1〜3ヶ月)、無症候期(数年〜10数年)を経てAIDS(後天性免疫不全症候群)を発症する。
3 正
HIV感染症では、感染初期(感染後2〜4週間)に一過性のインフルエンザ様症状を呈することがある。
4 正
HIV感染症が進行するに伴って、CD4陽性リンパ球数が減少し、免疫不全状態となる。
5 誤
日和見感染は、AIDS期に発症するが、感染初期には認められない。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.