第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問296〜297

第101回薬剤師国家試験 問296〜297

82歳女性。関節リウマチと診断され、現在は以下の処方が出されている。

問296 (実務)
メトトレキサートカプセルの服薬指導として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 めまい、ふらつきなどの低血糖症状が起こる場合があります。
 毎日服用する薬ではないので注意してください。
 発熱、のどの痛み、風邪のような症状があらわれた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。
 尿の色がオレンジ色になることがあります。
 痛みがおさまったら服薬をやめてください。

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
メトトレキサートの使用により低血糖症状を起こしたとの報告はない。
2 正
本患者に対して、メトトレキサートカプセルが週に2回(毎週月曜日、火曜日)処方されている。よって、毎日服用する薬ではないので注意するように説明する。
3 正
メトトレキサートは、重大な副作用として無顆粒球症を起こすことがある。よって、無顆粒球症の初期症状である発熱、のどの痛み、風邪のような症状が現れた場合、すぐに医師の診察を受けるように説明する必要がある。
4 誤
メトトレキサートの使用により尿の色がオレンジ色になるとの報告はない。
5 誤
メトトレキサートの服用を中止すると再び炎症が進行して痛みを生じる可能性がある。よって、痛みがおさまっても服用を続けるように説明する必要がある。


問297 (病態・薬物治療)
この患者において関節リウマチの症状が悪化したため、生物学的製剤の追加を考慮することとなった。メトトレキサートとの併用が前提で投与されるのはどれか。1つ選べ。

 テムシロリムス
 リツキシマブ
 トシリズマブ
 アバタセプト
 インフリキシマブ

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
1 誤
テムシロリムスは、mTOR阻害薬であり、根治切除不能又は転移性の腎細胞がんの治療に用いられる。
2 誤
リツキシマブは、抗CD20モノクローナル抗体製剤であり、CD20陽性のB細胞性非ホジキンリンパ腫などの治療に用いられる。
3 誤
トシリズマブは、ヒト化抗ヒトIL−6受容体抗体製剤であり、既存治療では効果不十分な関節リウマチの治療に用いられる。本剤はメトトレキサートと併用することなく使用することができる。
4 誤
アバタセプトは、T細胞選択的共刺激調節剤であり、既存治療では効果不十分な関節リウマチの治療に用いられる。本剤はメトトレキサートと併用することなく使用することができる。
5 正
インフリキシマブは、抗ヒトTNF−αモノクローナル抗体製剤であり、既存治療では効果不十分な関節リウマチの治療に用いられる。本剤を関節リウマチの治療に用いる場合、メトトレキサートと併用することとされている。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.