第101回薬剤師国家試験 問29

第101回薬剤師国家試験 問29

脳梗塞の際に産生されるフリーラジカルを消去し、脳保護作用を示す薬物はどれか。1つ選べ。

 ファスジル
 オザグレル
 アルガトロバン
 ウロキナーゼ
 エダラボン

 

 

 

 

 


解答
5


解説
1 誤
ファスジルは、Rhoキナーゼを阻害し、血管の収縮、炎症性細胞の活性化、血管内皮細胞の損傷を抑制するため、くも膜下出血術後の脳血管れん縮などの治療に用いられる。
2 誤
オザグレルは、トロンボキサン合成酵素を阻害し、血小板凝集抑制作用を示すため、くも膜下出血後の脳血管れん縮などの治療に用いられる。
3 誤
アルガトロバンは、選択的にトロンビンを阻害し、フィブリン生成や血小板凝集を阻害するため、発症後48時間以内の脳血栓症急性期の治療に用いられる。
4 誤
ウロキナーゼは、主に循環血中でプラスミノーゲンからプラスミンの生成を促進し、血栓溶解促進作用を示すため、脳塞栓症(発症後5日以内で、コンピューター断層撮影において出血の認められないもの)の治療に用いられる。
5 正
エダラボンは、フリーラジカルを消去して脂質過酸化を抑制し、脳細胞の酸化的傷害を抑制するため、脳梗塞急性期に伴う神経症候などの治療に用いられる。

第101回薬剤師国家試験 問29” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。