第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問23

第101回薬剤師国家試験 問23

化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)において、蓄積性の判定に用いられる試験はどれか。1つ選べ。

 活性汚泥を用いた分解度試験
 コイを用いた濃縮度試験
 ネズミチフス菌を用いた復帰突然変異原性試験
 マウスを用いた反復投与毒性試験
 ミジンコを用いた急性遊走阻害試験

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
1 誤
活性汚泥を用いた分解度試験は、環境中での化学物質の分解性を調べる試験である。
2 正
コイを用いた濃縮度試験は、化学物質の蓄積性を調べる試験である。
3 誤
ネズミチフス菌を用いた復帰突然変異原性試験は、化学物質の変異原性を調べる試験である。
4 誤
マウスを用いた反復投与毒性試験は、化学物質のヒトへの長期毒性を調べる試験である。
5 誤
ミジンコを用いた急性遊走阻害試験は、化学物質の動植物への毒性を調べる試験である。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.