第101回薬剤師国家試験 問228〜229

56歳女性。パーキンソン病及び慢性胃炎で治療中のため、保険薬局に処方箋を持参した。処方1を継続服用していたが、振戦が改善されないため、本日より処方2が追加された。薬剤師は服薬指導の際に、患者にチーズを食べすぎないように指導した。

問228 (実務)
この患者にとって、チーズの成分の中で問題となるのはどれか。1つ選べ。

 トランス脂肪酸
 デヒドロ酢酸ナトリウム
 チラミン
 ナイシン
 ラクトース

 

 

 

解説
本日追加されたセレギリン塩酸塩は、モノアミンオキシダーゼB(MAOB)阻害作用を有するため、チーズに含まれるチラミンの分解を抑制する。チラミンは、交感神経刺激作用を有していることから、チラミンが体内に蓄積すると高血圧、頭痛、吐き気などの症状を呈する。

解答
3

問229 (衛生)
チーズの中の成分が問題となる理由として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 この食品成分が、胃に障害を与え胃炎を悪化させる。
 この食品成分が、処方された薬物の代謝酵素を阻害する。
 この食品成分が、処方された薬物の代謝酵素の発現を誘導する。
 この食品成分が、処方された薬物の消化管からの吸収を阻害する。
 処方された薬物が、この食品成分を代謝する酵素を阻害する。
 処方された薬物が、この食品成分を代謝する酵素の発現を誘導する。

 

 

 

解説
問228解説参照

解答
5

第101回 問228〜229 PDF

第101回 問230〜231

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問228〜229

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問226〜227 | yakugaku lab

コメントは停止中です。