第101回薬剤師国家試験

第101回薬剤師国家試験 問185

第101回薬剤師国家試験 問185

42歳女性。健康診断で高血圧症を指摘されたため、内科を受診した。検査の結果、血清カリウムの低下、血漿レニン活性の低下、血漿アルドステロン濃度の上昇を認めた。さらに検査入院し、カテーテル検査にて両側副腎静脈より採血し、血漿アルドステロン濃度を測定したところ、片側のアルドステロン濃度の著明な上昇がみられた。他の生化学的検査値には異常を認めず、特記すべき家族歴もなかった。この患者の病側副腎摘出手術を行うまでの期間、高血圧症に対する治療薬について、医師より薬剤師に相談があった。提案すべき治療薬はどれか。1つ選べ。

 トリクロルメチアジド
 スピロノラクトン
 アリスキレンフマル酸塩
 バルサルタン
 リシノプリル水和物

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
本患者は、高血圧、血漿カリウム値の低下、血漿レニン活性の低下、血漿アルドステロン濃度の上昇を認めており、また、他の生化学的検査値には以上を認めず、特記すべき家族歴もない。これらのことから、本患者は原発性アルドステロン症に罹患していると考えられる。原発性アルドステロン症では、過剰のアルドステロンの分泌により高血圧になることがあるため、その治療薬として抗アルドステロン作用を有するスピロノラクトンが用いられる。

-第101回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.