第101回薬剤師国家試験 問176

1価の弱酸性化合物(pKa=6.1)の水に対する溶解度は、pH 1のとき0.1 µg/mLであった。この化合物の溶解度が1 mg/mLとなるpHはいくらか。最も近い値を1つ選べ。ただし、イオン形は完全に水に溶解するものとする。

 2
 5
 7
 10
 12

 

 

 

解説
酸性薬物の溶解度CSは①式により求めることができる。
CS=CS分子(1+10pH-pKa)……①
CS分子:分子形の溶解度
<CS分子を求める>
この化合物はpKa=6.1の弱酸性薬物であり、pH1においてほとんど分子形として存在していることから、CS分子は0.1 µg/mLと考えられる。
これらのことから、①式よりこの化合物の溶解度が1 mg/mLとなるpHを以下のように求めることができる。
1 mg/mL=0.1 µg/mL(1+10pH-pKa
1000 µg /mL=0.1 µg/mL(1+10pH-pKa
104=(1+10pH-pKa
104≒10pH-pKa
4=pH-pKa
4=pH-6.1
pH=10.1

解答
4

第101回 問176 PDF

第101回 問177

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問176

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問175 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA