第101回薬剤師国家試験 問162

脂質異常症治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 フェノフィブラートは、ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体α(PPARα)を阻害し、血中トリグリセリドを低下させる。
 アトルバスタチンは、3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA(HMG-CoA)還元酵素を阻害し、肝細胞の低密度リポタンパク質(LDL)受容体を増加させる。
 コレスチミドは、LDLコレステロールの酸化を抑制する。
 プロブコールは、LDL受容体に依存しない機構で血中LDLコレステロールを低下させ、家族性高コレステロール血症に奏効する。
 ニセリトロールは、胆汁酸再吸収を抑制し、肝臓でのコレステロールから胆汁酸への異化を促進する。

 

 

 

解説
1 誤
フェノフィブラートは、PPARαを活性化し、リポタンパク質リパーゼ(LPL)を増加させることによりトリグリセリドの分解を促進する。
2 正
アトルバスタチンは、HMG−CoA還元酵素を阻害し、肝臓でのコレステロールの合成を抑制することにより肝細胞表面の低密度リポタンパク質(LDL)受容体を増加させる。
3 誤
コレスチミドは、陰イオン交感樹脂であり、消化管内で胆汁酸を吸着し胆汁酸の再吸収を阻害することによりコレステロールの再吸収を抑制することに加え、肝臓でのコレステロールから胆汁酸への異化を促進する。
4 正
プロブコールは、肝臓においてコレステロールから胆汁酸への異化を促進し、血中LDLコレステロールを低下させ、家族性高コレステロール血症に奏効する。
5 誤
ニセリトロールは、脂肪細胞のアデニル酸シクラーゼを阻害し、脂肪細胞からの遊離脂肪酸の放出を抑制することにより血中トリグリセリドを低下させる。

解答
2、4

第101回 問162 PDF

第101回 問163

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問162

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問161 | yakugaku lab

コメントは停止中です。