第101回薬剤師国家試験 問150

リスボン宣言に基づく未成年患者への医療従事者の対応として、適切なのはどれか。1つ選べ。

 患者が他の医師の意見を求めないよう配慮する。
 患者からの質問は直接受けず、保護者経由で受ける。
 患者本人の意思が治療に反映されるように考慮する。
 治療を保護者が拒否する場合には、いかなる状況にあっても、それに従う。
 成人の患者よりも治療の選択の幅を狭くする。

 

 

 

解説
1 誤
患者は「選択の自由の権利」を有するため、他の医師の意見を求める権利を有する。
2 誤
患者は「自己決定権」を有するため、患者からの質問を直接受けて、治療の自己決定に必要な情報を直接患者に提供する必要がある。
3 正
患者は「自己決定権」を有するため、患者本人の意思が治療に反映されるように考慮する必要がある。
4 誤
治療を保護者が拒否する場合であっても、本人に判断能力があれば、本人の意思を尊重する必要がある。
5 誤
患者は「選択の自由の権利」を有するため、未成年の患者であっても成人の患者と同程度の治療の選択の幅を与える必要がある。

解答
3

第101回 問150 PDF

第101回 問151

1 thought on “第101回薬剤師国家試験 問150

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問149 | yakugaku lab

コメントは停止中です。