第101回薬剤師国家試験 問124

食品の安全に関わる法制度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ポジティブリスト制度により、国内で流通しているすべての農薬について、食品中の残留基準が個別に設定されている。
 HACCPとは、食品製造における最終製品の抜き取り検査による衛生管理の方法である。
 特定保健用食品の関与成分の健康影響は、食品安全委員会が評価を行う。
 食品表示法は、JAS法、食品衛生法、健康増進法の食品の表示に関する規定を統合して、包括的かつ一元的にしたものである。
 食品添加物の規格や使用基準は、食品安全基本法で定められている。

 

 

 

解説
1 誤
ポジティブリスト制度では、国内で流通しているすべての農薬について、食品中の残留基準が個別に設定されていない。なお、ポジティブリスト制度では、多くの農薬について食品中の残留基準が定められ、残留基準のない農薬等については、食品衛生法に基づき「人の健康を損なうおそれのない量」として一律基準0.01 ppmが設定されている。
2 誤
HACCP(ハサップ)とは、危害分析重要管理点と訳され、食品の製造、加工工程における重要管理点を定めて継続的に管理することで製品の安全を確保する衛生管理手法のことである。
3 正
特定保健用食品の有効性及び安全性については、食品安全委員会及び消費者委員会で審査される。
4 正
食品表示法は、食品を摂取する際の安全性の確保、一般消費者の自主的かつ合理的な食品選択の機会の確保を目的として、JAS法、食品衛生法、健康増進法の食品の表示に関する規定を統合して、包括的かつ一元的にしたものである。
5 誤
食品添加物の成分規格や使用基準は、食品衛生法により定められている。

解答
3、4

第101回 問124 PDF

第101回 問125

第101回薬剤師国家試験 問124」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第101回薬剤師国家試験 問123 | yakugaku lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA