第101回薬剤師国家試験 問101

第101回薬剤師国家試験 問101

次の反応のうち、主生成物の構造式を正しく示しているのはどれか。2つ選べ。


解答
1、2

解説
1 正
アルケンに対する臭素の付加反応は、トランス(アンチ)付加で進行する。

2 正
酸性条件下におけるアルケンに対する水の付加反応は、Markovnikov則に従って進行する。

3 誤
共役ジエンに対する臭化水素の付加反応は高温条件と低温条件では生成物が異なる。
ブタ−1,3−ジエンに高温条件又は低温条件で臭化水素を付加すると以下の反応が進行する。

4 誤
アルケンに対するm−クロロ過安息香酸(過酸)の付加反応は、シン付加で進行する。

5 誤
アルキンを液体アンモニア中、金属ナトリウムで処理すると、trans−アルケンを生成する。

第101回薬剤師国家試験 問101” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。