第100回薬剤師国家試験 問98

キャピラリー電気泳動に関する次の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 中性の電解質溶液を満たしたフューズドシリカ製キャピラリーの内壁は、シラノール基の解離により正電荷を帯びる。
 フューズドシリカ製キャピラリーと中性の緩衝液を用いて電気泳動を行うと、陰イオン性物質は中性物質よりも速く泳動される。
 ミセル動電クロマトグラフィーでは、泳動液にイオン性界面活性剤を添加することで、中性物質の分離が達成される。
 キャピラリーゾーン電気泳動では、泳動液のpHが高いほど、中性試料成分の泳動速度が遅くなる。
 キャピラリーゲル電気泳動でDNAを分離すると、サイズの小さなものから順に検出される。

 

 

 


解説
1 誤
フューズドシリカ(溶融石英)製キャピラリーの内壁のシラノール基(Si−OH)は、pH3以上で解離する。そのため、中性(pH7)の電解質溶液を満たしたフューズドシリカ製キャピラリーの内 壁は、シラノール基(Si−O)の解離により負電荷を帯びる。
2 誤
フューズドシリカ製キャピラリーと中性の緩衝液を用いて電気泳動を行うと、電気浸透流(正電荷の流れ)が発生する。この電気浸透流を利用し、物質を分離する方法をキャピラリーゾーン電気泳動という。本法により、陰イオン性、中性物質を分離すると、陰イオン性物質は電気浸透流と逆向きに引き寄せられながら泳動されるため、中性物質よりも遅く泳動される。
3 正
ミセル動電クロマトグラフィーとは、泳動液に陰イオン性界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム、ドデシル硫酸ナトリウム)を添加し、電気泳動を行う方法のことであり、本法により中性物質を分離することが可能である。
4 誤
キャピラリーゾーン電気泳動では、泳動液のpHが高いほど、キャピラリーの内壁にあるシラノール基(Si−OH)が解離しやすくなり、強い電気浸透流が発生する。そのため、泳動液のpHが高いほど、中性試料成分の泳動速度が速くなる。
5 正
キャピラリーゲル電気泳動では、ゲルの抵抗を受けにくいサイズの小さいものから順に検出される。


解答
3、5

第100回 問98 PDF

第100回 問99

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問98

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問97 | yakugaku lab

コメントは停止中です。