第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問43

第100回薬剤師国家試験 問43

グルクロン酸抱合反応に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 UDP−グルクロン酸転移酵素により触媒される。
 シトクロムP450による酸化的代謝物にのみ起こる。
 UDP−グルクロン酸が必要である。
 薬物のフェノール性水酸基にも起こる。
 主に細胞のミクロソーム画分に活性がある。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
グルクロン酸抱合反応は、UDP−グルクロン酸を補酵素として、ミクロソーム画分に局在するUDP−グルクロン酸転位酵素により触媒される第Ⅱ相反応である。本反応は、シトクロムP450による酸化的代謝物の他、薬物や生体内物質のアミノ基、カルボキシル基、水酸基などに対しても起こる。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.