第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問342

第100回薬剤師国家試験 問342

夏のある日曜日の午前中、薬局に男性から電話があった。その内容は、「早朝からひどい水様便で何度もトイレに行く状態だ。熱はない。昨夜寝る前に冷たいビールを飲んだ。これからそちらに行く。」とのことであった。この男性に薦める一般用医薬品の成分として適切なのはどれか。2つ選べ。

 タンニン酸アルブミン
 ピレンゼピン塩酸塩水和物
 スクラルファート水和物
 ロペラミド塩酸塩
 大黄

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
設問の男性は症状として水様便を呈しているが、熱がないことから感染症の下痢であるとは考えにくい。このことから、この男性に薦める一般用医薬品の成分として適切なのは、止瀉作用を有するタンニン酸アルブミン、ロペラミド塩酸塩である。
1 正
2 誤
ピレンゼピン塩酸塩水和物は、胃酸分泌抑制作用を有するため、胃痛や胸やけ、胃酸過多、胃もたれに用いられる。
3 誤
スクラルファート水和物は、胃粘膜保護作用を有するため、胃痛、胸やけ、吐き気、もたれ、胃部不快感に用いられる。
4 正
5 誤
大黄は、大腸刺激作用を有するため、便秘に用いられる。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.