第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問337

第100回薬剤師国家試験 問337

3歳男児。急性中耳炎に対し、以下の薬剤が処方された。この事例に対応した薬剤情報提供として適切でないのはどれか。2つ選べ。

 1回量は2 mLであることを伝えた。
 感染を防止する作用があることを伝えた。
 消化管障害が現れることがあることを伝えた。
 説明する時間がなかったので添付文書を渡した。
 エタノールが含まれることを伝えた。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 適切
1回量は、1.33 mL(デキサメタゾンエリキシル0.01%)+0.67 mL(単シロップ)であることから、2 mLとなる。
2 不適切
デキサメタゾンは副腎皮質ステロイド性薬であり、免疫力低下作用を有するため、感染症を誘発する可能性がある。
3 適切
デキサメタゾンは、重篤な副作用として消化性潰瘍、消化管穿孔などを起こすことがある。
4 不適切
薬剤を交付する際には、服薬指導をする必要がある。
5 適切
デキサメタゾンエリキシル剤には、エタノールが含まれている。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.