第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問334

第100回薬剤師国家試験 問334

65歳男性。体重72 kg。非弁膜症性心房細動との診断で下記の処方薬を服用していた。数日前から、めまい、ふらつき、冷汗、手の震え、軽度の意識障害にて昨日入院となった。本日病室を訪問した薬剤師は、下記の処方薬を日頃欠かさず服用していたことを付添いの家族から聴取した。また、カルテから入院時検査結果が血清クレアチニン値は2.0 mg/dL、BUNは39 mg/dL、空腹時血糖は40 mg/dLであることを確認した。

担当の薬剤師は、入院時の不快症状と検査値から薬の副作用を疑い、医師に薬剤の変更を提案しようと考えた。該当する薬剤はどれか。1つ選べ。

 シベンゾリンコハク酸塩錠
 ベラパミル塩酸塩錠
 ニコランジル錠
 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセル
 ニフェジピン徐放錠

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
本患者は、めまい、ふらつき、冷汗、手の震え、軽度の意識障害等の症状が現れていることに加え、空腹時血糖が40 mg/dLであることから、低血糖状態にあると考えられる。
処方されている薬物のうち、副作用として低血糖を起こすのは、ジベンゾリンコハク酸塩である。
シベンゾリンコハク酸塩はインスリン分泌促進作用を有しており、また、腎消失型薬物である。このことから、本患者のような腎障害患者(血清クレアチニン値及びBUNが高値)にシベンゾリンコハク酸塩を投与すると、副作用である低血糖症状が現れやすい。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.